口説き方

美容師の口説き方

美容師の口説き方

美容師は口説ける

美容師は口説かれると嬉しい

最初に結論を言うと、美容師を口説くのは、簡単です。

その理由は、美容師を口説くために必要なツールを、今の時代は誰もが既に持っているからです。

結論を先に書きますが、狙っている美容師の連絡先をゲットする方法としてベストなのは、その美容師さんのインスタをフォローすることです。

カットをしてもらっている最中に、会話をインスタの話題に持っていくことさえできれば、「フォローしていいですか?」「はい!ぜひ!」という流れが簡単に作れるからです。

詳細はこれから解説していきますが、まず第一に、美容師は口説けるという事実を押さえておいてください。

そして、多くの美容師が、口説かれることを「嬉しい」と感じる理由を、これから紹介していきます。

狙っている美容師は、口説けるんです。

ちょっとその前に、一つだけ知っておいて欲しいことがあります。

それは、美容院という場は、ナンパスポットではなく、髪を切ってもらうところであるという当たり前の事実です。

この記事は、美容院でのナンパ指南ではありません。

美容師さんに本気の恋をしてしまった人のために、その本気の恋を実らせるためのトークを解説する記事です。

本気の恋と、ナンパとの違いをよく理解し、あなたがその美容師さんに本気の恋をしているなら、ぜひこの記事を参考にしてください。

美容師は大変なお仕事

はっきり言って、美容師ほど大変な仕事はありません。

一日中立ち仕事なのはもちろんのこと、勤務時間外の拘束時間も長く、おまけに給与が安いことでも知られています。

美容師になることに憧れ、せっかく専門学校を卒業してこの道に入ったのに、私生活を犠牲にしなければ務まらない仕事の負担の大きさに、美容師さんは疲弊しているのです。

これは、全国共通です。

もちろん、お客さんの目の前ではそんな辛い実情を明かしたりすることはありません。

まずは、いつもオシャレで可愛い美容師さんは、実は、そんな苦労を秘めているという内情を理解してあげてください。

美容師さんが求めているものを理解することは、口説くことに直結します。

なぜならば、私生活を犠牲にして一生懸命働いている女性が、潜在的に求めているものを補ってあげることさえできれば、それはあなたが単なるお客さんから特別な存在へと昇格できるチケットになるのです。

可愛い美容師が余っている

美容院へ行くと、やけに可愛い女性が多いなあと思うことはありませんか?

そう思う理由は、美容院には、実際に可愛い女性が多いからです。

美容師という仕事は、髪をカットし、スタイリングするだけの仕事ではありません。

ヘアスタイルはファッションの一部であり、またファッションはヘアスタイルの一部なのです。

ヘアスタイルを素敵に見せるためには、当然のことながらファッションやメイクといったトータルバランスが重要なのです。

そして、そんなスタイリングを提供する美容師自身が、その最先端として体現していなければ、説得力に欠けます。

だから、美容院で働くスタイリストは、オシャレな女性が多いのです。

もちろん、純粋に、「ファッションが好き」「メイクが好き」というオシャレな女性が多いのも事実。

顔やスタイルは人それぞれ好みがありますが、ファッションとかけ離れた業界と比較をすると、基本的にオシャレで可愛い女性が集まるというのは必然なのです。

中には、モデル顔負けのオシャレで可愛い美容師がいることも珍しくありません。

そんなレベルの高い美容師と、付き合いたいと思うのは当然と言えます。

そして、それは憧れで終わるのではなく、簡単に付き合う方法があるんです。

それなのに目の前の美容師を口説かないなんて、もったいないですよね。

全国的に「女性余り、男性不足」が叫ばれる中、可愛い美容師が余っているというのが事実なのです。

美容師の現実

美容師はお金がない

本気で好きになった美容師を口説く方法は、美容師という仕事を理解することに尽きます。

美容師という仕事を理解することさえできれば、口説くための糸口が掴め、ただの担当者から彼女へとぐんと近づきます。

まず第一に、美容師はお金がありません。

そもそも、美容師という仕事は、他の業種と比較しても特に賃金が低い業種です。

専門学校を卒業後、アシスタントとして働き始めたばかりのスタッフは、学生のバイト以下の月給であるのが当たり前です。

さらに驚きなのは、5年、10年と経験を積んだベテランでさえも、手取りはフリーターとさほど変わらない低賃金であることがほとんどなのです。

もちろん、勤務時は私服なので、洋服代も自腹です。

仕事上、全身ユニクロでコーディネートする訳にはいかず、ましてや毎日同じようなコーディネートをする訳にもいきません。

そんな美容師は、少ない給与の中からなんとか洋服代を捻出して、着回しをしているんです。

そんなギリギリの生活をしていれば、貯金などできるはずもありません。

見た目はオシャレでキラキラした世界ですが、現実は苦労の塊のような仕事が、美容師なのです。

好きだから続けられる仕事であって、好きでなければ決してできる仕事ではありません。

美容師は出会いがない

美容師は、出会いがありません。

毎日大勢のお客さんと接する仕事なので、「出会いのチャンスが多いのでは?」「お客さんからナンパされるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、はっきり言って、皆無です。

これは、現役の美容師自身が口を揃えて言うほど、業界ではあるあるの現実です。

もちろん、美容師さんも普通の女性なので、好みのタイプの男性が指名してくれたら嬉しいに決まっています。

しかし、それと恋愛とは別の話。

たとえ好意を抱いていたとしても、自分の方からお客さんに声をかけるなど、絶対にあり得ないのです。

ちなみに、同じ美容院で働く同僚のスタッフとの社内恋愛も、皆無とのこと。

同僚はあくまでも同僚であって、恋愛感情は持たないのが普通なんだそうです。

しかし、だからと言って恋愛をしなくても満たされるはずがありません。

特に女性の場合、新卒で入社して5年、10年と経験を積めば、恋愛適齢期はあっという間に通り過ぎてしまうもの。

だからと言って焦っても出会いのきっかけがこぼれ落ちてくるはずもなく、ただただ仕事に追われる日々を過ごしているんです。

美容師は、出会いを求めています。

言い換えれば、口説かれるのを待っているのです。

美容師は時間がない

美容師は、拘束時間が長い仕事です。

朝は、お店がオープンする何時間も前から出勤し、練習や後輩への指導をしなければなりません。

夜は閉店後にも、やはり練習は後輩への指導が入ります。

普通のOLさんよりもはるかに早い時間に出勤し、夜は終電近くになるのが日常なのです。

もちろん、立ち仕事なので肉体的にも辛い仕事であることは想像できますが、実は、食事の時間がほぼ無いに等しいというのもまた現実です。

特にランチをゆっくり取れる暇などなく、普通のOLさんならたっぷり1時間休めるところを、出勤途中にコンビニで買ったおにぎりを食べる時間があるかどうかという、本当に休む暇もない仕事なのです。

美容師は、ゆっくり落ち着いてリラックスする時間などありません。

毎日仕事が押し寄せてきて、休む暇などないのです。

しかし、逆に言えば、そんな疲れ果てた美容師さんに、癒しを提供することさえできれば、少なくとも好意を持ってもらえることは間違いありません。

そしてそれが、まさに美容師の口説き方の鍵となるポイントなのです。

美容師の口説き方(準備編)

定期的に通う

本気で好きになった担当の美容師を口説きたい場合、まずは大前提として、定期的に通うということは欠かせません。

まさか、たまたま入った美容院で、一目惚れしてしまったという人は少ないはずです。

何度か通ううちに、担当者が決まり、少しずつ好意を抱いていくというパターンが多いのではないでしょうか。

担当の美容師さんに一目惚れしてしまった場合でも、常連の担当者に好意を持ってしまった場合でも、まずは定期的に通って、常連として存在を定着させる必要があります。

これは、まったく難しいことではありません。

毎月1回、なるべく同じ時期にカットに行くだけでOKです。

月1回というペースが多いという人は、1ヶ月半に1回でも、2ヶ月に1回でも悪くはありませんが、間がなるべく空かない方がよいのは言うまでもありません。

そして、同じペースで通うというのも重要なポイントです。

例えば、前回のカットから3週間で再訪したかと思えば、その次は2ヶ月空いてしまったなど、通うペースがバラバラだと関係を深めるのが難しくなります。

逆に、同じ時期に同じペースで通っていると、むしろ美容師さんの中に「そろそろ○○さんが来てくれる時期だ」という記憶が定着します。

好みの美容師さんを口説いて、本気で付き合いたいと思うなら、まずは常連としてその美容師さんの意識の中に入り込む必要があるのです。

これは、必須です。

プライベートな話をする仲になる

同じ美容院に毎月通い、同じ美容師を指名していれば、必然的に多くの会話を重ねることになります。

仮に月1回通うとすると、少なくとも年に12回顔を合わせることになる計算です。

年に12回と聞くと、少ないと感じる人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

年に12回、つまり毎月1回顔を合わせるという相手は、普通、そうそういないのです。

例えば、あなたは、毎月必ず顔を合わせる友人が何人いますか?

学生や、同じ職場の同僚ならまだしも、どんなに親しい友人であっても毎月必ず、年に12回会う人などそうそういないのが普通なのです。

そう考えると、同じ美容院に通い、同じ美容師と会話をするという行動が、いかに2人の関係が近いものであるかが想像できるはずです。

同僚や友人にしないような話でも、美容師さんにはどんどん話してしまうもので、結果的に、周りの誰よりもお互いのことをよくしっている相手が、美容師さんとも言えるのです。

せっかく、そんなに深い関係になれるきっかけがあるのですから、少しずつプライベートな会話へと移行し、深めていくべきです。

最初は当たり障りのない世間話がほとんどでも、彼氏の有無を聞いたり、元彼の話を引き出したり、どんどんとプライベートな会話をできる関係を構築していくことが肝心です。

他の人としないようなプライベートな会話をすればするほど、「その他大勢」ではなく、特別な存在へと一歩近づくことができるのです。

誘う前の下準備

この記事の最初に書きましたが、実際に、狙っている美容師さんの連絡先を聞き出す方法は、簡単です。

今の時代、普通は、インスタを聞き出すのが一番自然な流れで、それを断られることなどまずあり得ません。

しかし、だからと言って焦りは禁物です。

担当の美容師さんを好きになったからと言って、いきなり連絡先を交換し、急に2人きりでデートをするなど、一方的に燃え上がっても空回りするだけなのです。

繰り返しになりますが、連絡先を交換するのは、簡単です。

だからこそ、いきなりそのゴールへ突き進むのではなく、まずは会話を深め、連絡先を交換することへの必然性を作るのです。

とは言っても、難しいことを考える必要はありません。

今時、インスタをやっていない美容師など少ないので、まずはインスタを探すかアカウントを聞くなどして、そのインスタを通じてその女性の好みを探るのです。

それは、次回の話題にもつながります。

インスタで繋がったからと言って、焦ってDMを送るのではなく、インスタを常にチェックしてくれていると思ってもらうだけで十分なのです。

こうして、少しずつ距離を近づけて行けば、いざ本気で誘った時に、「この人なら食事くらいいいかな」と思ってもらえる存在になるのです。

美容師を口説く方法は、この準備の段階に、時間を惜しまないことが大切です。

美容師の口説き方(好感度アップ編)

他のスタッフとも仲良くする

必須ではありませんが、狙っている美容師さんからの好感度アップのために、他のスタッフと仲良くするという手が意外と効果的です。

美容師さんは、自分が担当しているお客さんのことを覚えているのは当たり前ですが、自分が担当していないお客さんも、覚えています。

美容師さんは、目の前にいる自分のお客さんのカットをしながらも、周りのスタッフの動きや、他のお客さんもチェックしているのです。

それは特別なことではなく、限られた人手の中でお店を回すためには、当たり前のことです。

そんな小さな世界である美容院では、まだカットを任せられないアシスタントとも、きちんと会話をし、仲良くなることで、好感度がより高まるのです。

例えば、一般的な美容院の場合、シャンプーは基本的にアシスタントの仕事です。

見習い中のアシスタントはシャンプーすら不慣れなものですが、そんなシャンプーの最中に黙っているのではなく、積極的に世間話をしてあげてみてください。

普通、シャンプーの時だけ接するアシスタントに、それほど話しかける人はいません。

だからこそ、何気ない世間話であっても、話しかけてあげることでアシスタントは嬉しいものです。

そして、そんな見習い中のアシスタントとの会話が盛り上がったところで、狙っている美容師さんに、アシスタントとの会話を持ち出したり、あるいは、そのアシスタントのシャンプーの腕前を褒めてあげるなどして、とにかく話題に出してみるんです。

自分にだけでなく他のスタッフにまで優しい人は、必然的に好感度が上がります。

これは単なる一例ですが、そんな余裕に人は惹かれるものなのです。

また、ちょっと上級テクニックになりますが、あなたが旅行などに行った時に、美容院のスタッフにお土産を買ってくるという手もインパクト大です。

あまり高価なお土産だと逆に相手に気を使わせてしまうので注意が必要ですが、狙っている美容師さんと親密になってきたら、一度は試してみてもいいかもしれません。

スタイリングを任せる

狙っている美容師さんがいる場合、自分の方からスタイルをリクエストするのではなく、その美容師さんに任せたり、相談してみるという手も有効です。

相手はプロなので、自分なりのこだわりの一つ位は持っているものです。

お客の側から細かく指定してしまうと、その注文を再現することが仕事になってしまいますが、スタイルを相談されれば、自分の意見をあなたに重ねることができるのです。

ましてや、自分が提案したスタイルを受け入れてもらって、後日、満足したことを報告してあげれば、嬉しくないはずがありません。

自分のスタイルにこだわりがある人もいるかもしれませんが、たまにはイメチェンをしてみるつもりで、お任せしてみるのも相手との距離を近づける有効な手段の一つなのです。

美容師はオシャレな人が好き

美容師は、オシャレな人が好きです。

但しこれは、オシャレな人しか相手にしてもらえないということではありません。

あくまでも、オシャレな美容師さんは、「自分とテイストが似ている人」を好む傾向があるということです。

一口にオシャレな美容師と言っても、そのテイストは様々です。

古着が好きな女性もいれば、スポーティーなテイストが好きな女性もいますし、それらの中間で上手にミックスしている女性もいます。

狙っている美容師さんのテイストに、完全に合わせる必要はありませんし、あなたのこだわりを持っている方が有利です。

しかし、そうは言っても、ゆるい古着を好む女性と、スーツのサラリーマンはやはり似合いません。

見た目で全てを判断される訳では決してありませんが、美容院へ行く時は、「2人で並んで歩いた時に違和感がないか」という視点で洋服を選ぶべきです。

美容師の口説き方(誘い出し編)

ご飯に誘うのが自然

美容院に何度も通い、お目当ての美容師さんの常連になり、プライベートな会話を重ねてきたら、いよいよ店の外へ連れ出すタイミングになります。

やはりここでも、いきなり「今度ご飯に行きませんか?」と直球で誘うよりも、自然な会話の流れの中から誘うべきです。

例えば、まず、カットをしてもらっている最中などに、食事の話題を振ります。

この記事の最初の方でも書きましたが、美容師さんは、お金がなく、時間もないのが普通です。

つまり、ろくな食事をしていません。

ましてや、オシャレなレストランで食事をする機会など、年に数回の飲み会位しかないのです。

そんな背景を意識しつつ、さらに、相手の女性の「健康」を気遣ってください。

きちんとしたバランスの良い食生活をしている美容師さんなどほとんどいないので、そんな寂しい日々の現実を会話の主題にしつつ、その流れの先に「今後美味しいご飯をご馳走させてください」という流れを作れば一発です。

口説く時は、その「必然性」が肝心です。

お礼を主目的にする

普通に「今後美味しいご飯をご馳走させてください」でも十分なのですが、もっと好感度の高い誘い文句が、「お礼」を込めた誘い方です。

「いつもカットしてもらってお世話になってるので、今後美味しいご飯をご馳走させてください」という風に、お礼の気持ちを全面に出すのです。

そうすることによって、あなたが食事に連れ出したいということが目的なのではなく、お礼をしたいということが目的になるのです。

これもまた、必然性を作るポイントになります。

気遣いを存分に見せる

繰り返しになりますが、美容師さんは、お金がなく、時間もなく、おまけに出会いもありません。

もちろん、本人は好きでその仕事をしていることがほとんどなので、「仕方ない」と思っている人も多いことでしょう。

しかし、そんな業界の当たり前という厳しい状況を、気遣い、心配してくれる気持ちを伝えれば、それは「理解してくれている」というその他大勢とは一歩リードした存在に変わります。

デートに連れ出すのは、お礼をするためであり、健康を気遣う気持ちでもあるという体で臨むのです。

これはもはや、相手が美容師であるかどうかに限らず、世の中の全ての女性を口説く時に必須の姿勢でもあるのです。

要点をおさらい

美容院を出たら勝ち

ここまで読んでいただければ、「美容師を口説くのは簡単」という意味が理解いただけたと思います。

事実、常連になって店外へ連れ出すことに成功すれば、他のお客さんとは一歩も二歩もリードし、「異性」として相手に意識させることができます。

美容師とお客という関係から、男と女へと大きく前進するのです。

はっきり言って、美容院の中で会話をするのと、お店の外で会話をするのとでは、まるっきり訳が違います。

今まで感じていた壁がなくなり、急に、お互いを一人の異性として意識し始めるからです。

もちろん、店外へ連れ出すことに成功したとしても、それは本当に「食事だけなら」「1回位なら」という軽いノリなのかもしれません。

しかし、逆に言えば、狙っている美容師さんと、付き合うことに一歩前進したとも言えるのです。

どちらにしても、まずは店外へ連れ出し、2人きりにならなければなにも始まりません。

楽しい食事を終え、「また行きましょう」と次の約束をすれば、それはもう恋愛の始まりなのかもしれないのです。

美容師は尽くすタイプが多い

可愛い美容師さんと付き合うことができると、彼氏として、正式に独り占めできるようになります。

美容師さんは、往々にして、尽くすタイプが多いのも特徴と言えます。

ある意味、看護師さんや歯科衛生士さん、保母さんに似ているとも言えます。

例えば、シャンプー一つとってみても、おもてなしの心がなければ気持ちいいシャンプーなどできないものです。

それは恋人同士の、プライベートな生活の中でも、やはり尽くしてもらえることが多いのです。

可愛い美容師さんと付き合い、尽くしてもらえるなんで妄想に思えるかもしれませんが、そのゴールはすぐ目の前にあるのです。

こんなに口説きやすい職業はない

ここまで読んでいただけたら、もう迷いはないはずです。

はっきり言って、美容師ほど口説きやすい職業はありません。

この記事を読む前までは、気になる美容師さんにどうやったら気を引くことができるのか、その選択肢すらほとんど持っていなかったのではないでしょうか。

しかし、今はもう違います。

むしろ、こんなに口説きやすく、待っている美容師が目の前にいるのに、口説かない方が不自然です。

美容師さんは、私生活よりも仕事を優先し、今日も遅くまで働き、疲れ切っています。

そんな可愛い美容師さんを救って癒してあげられるのは、あなたなのかもしれません。

もしもあなたが美容師さんに本気の恋をしてしまったら、目の前にあるそのチャンスを逃してしまうなんてもったいないですよね。