出会い方

スタバで出会う方法

スタバで出会う方法

はじめに

スタバは、出会えます

最初に結論を言います。

スタバは、出会えます。

これが、事実です。

スタバの店舗数は、日本国内だけでも2000店舗弱もあると言われていますが、そこは単純にコーヒーを飲む場所に留まらず、今、出会いスポットとしての役割を持っています。

事実、いわゆる昔からある喫茶店と比べると、男女の出会いに適した条件が整っているんですね。

例えば、そこに集まる客層を見れば一目瞭然です。

単価が高めに設定されたドリンクやフード、おしゃれなインテリアやBGMは、写真を撮ればインスタ映えしますし、そこにいるだけで心地いい非日常のひと時を楽しめます。

逆に言えば、それらの要素が不要な人、すなわち現状に満足していてなにも不満がない人は、ほぼいないと言っても過言ではないんですね。

この記事は、スタバに集まる女性、特に、ナンパ待ちしている女性にスポットを当て、そのペルソナを紐解くとともに、上手に声をかけて、自然に連絡先を交換するためのルールを解説する記事です。

この記事を最後まで読んでもらえれば、実際になにを実践すべきか、なにが足りないのか、それが全て理解いただけるはずです。

スタバは出会える、という言葉が、本当であることをこの記事の中で証明していきます。

ぜひ最後まで楽しみに読んでみてください。

ナンパ待ちしている女性が多い

スタバで時間を潰している女性の多くが、ナンパ待ちしている女性です。

これが事実ですし、その理由はこの記事の後半で証明します。

もちろん、世の中の全ての女性が、100%の確率で、一人残らずナンパ待ちしていると言っている訳ではありません。

確率論の観点から、ナンパ待ちしている女性が多い、というのが事実なんですね。

元来、ナンパ待ちという行為は、自ら認識して行われる行為と、そうでない行為に分類されます。

前者の場合、自らの意思でナンパ待ちをしている認識があるため、多かれ少なかれ、自ら何らかのアクションが生まれます。

例えば、女性の方から男性に向かって視線を合わせるとか、女性の方から男性に声をかける、といった行動が含まれます。

すなわち、自らの意思によって、ナンパ待ちをしたい、している、と認識して行動を起こす女性というのは、自らの能動的な行動を伴うんですね。

すなわち、学術的な専門用語で分類するなら、それはナンパ待ちではなく、逆ナンパに分類されるべき行動なんです。

逆に後者の場合は、ナンパ待ちの願望があるにも関わらず、自分が今、ナンパ待ちをしているという意識がない状態を示します。

すなわち、潜在意識の中にナンパをされたい欲求がありつつも、それに気付いていない、あるいは、それを認めたくない、という意識を持ち合わせている状態を指します。

このように、ナンパ待ちには、能動的なものと、潜在的なもの、それぞれのパターンがある、ということを押さえておいてください。

心理学における少々学術的な内容から入りましたが、実際にスタバでナンパ待ちしている女性の脈あり、脈なしを見極める際に不可欠な視点であることを忘れないでください。

スタバナンパの注意点

この記事の最初に、スタバは出会えます、とお話しました。

それが、事実です。

但し、カフェという公共の場である以上は、他のお客さんや店員さんに迷惑をかけないといった最低限のマナーを守る、ということを忘れないでください。

もちろん、ナンパという行為を禁止する法律や条例があるわけではないので、ナンパは自由です。

但し、法律や条例でナンパが禁止されていないからといって、周りの迷惑も気にせず声かけをするのは紳士的とは言えませんよね。

確かに、女性はナンパ待ちをしています。

でも、あくまでも偶然の出会いを装う、演じる、そんなストーリーで作るのが、上手なナンパの秘訣と言えます。

この記事の中でも、スタバで自然な出会いを演出するための具体例や、セリフの例文、テンプレートなどを交えて解説していきますので、ぜひ楽しみに最後まで読んでみてください。

彼氏がいない女性の現実

出会いがない、が口癖

スタバというナンパスポットで、ナンパ待ちしている女性をどのように見抜くのか、口説くのか、その核心に入っていく前に、女性の心理を知っておくことは有用です。

事実、それが軽いノリの飲み友達募集であっても、真剣な婚活であっても、女性の心理を知らずして落とすことなど不可能なんですね。

現代を生きる女性の悩みとして、その代表例とも言えるのが、出会いがない、という口癖に表れています。

出会いがない。

それが学生でも、社会人でも、既婚者だとしても、世の中の女性は出会いがないという共通の悩みを抱えて生きているんです。

逆に、ちょっと考えてみてください。

出会いがありすぎて困る、出会いはこれ以上いらない、と言っている女性を見たことがありますか?

人生で、そんな女性とは一度も出会ったことがないはずです。

学生には学生の、社会人には社会人のコミュニティがありますが、それは案外狭いもので、日常生活の中にいる名前と顔が一致する交友関係など知れているもの。

特に、結婚や出産といったタイムリミットが迫っている女性ほど、出会いがないという悩みは深刻です。

但し、それを裏返せば、全ての女性が出会いを求めているということ。

もちろん、一生結婚しない、一生独り身で寂しく生きていく、と心に決めている人もゼロではないかもしれませんが、日本中を探しても、ほぼいないと言っても過言ではないんです。

だから、常に心のどこかで出会いを期待しているんですね。

だから、本人でさえも知ってか知らずか、日常生活の中にナンパ待ちという行動を自然に落とし込んでいるのが、現代を生きる女性の心理なんです。

逆ナンパはプライドが許さない

現代女性は、出会いがない。

だから、ナンパ待ちをしています。

しかし、意外に思われるかもしれませんが、世の中には案外出会いのきっかけは転がっているものなんです。

そんな身近な出会いのきっかけの一つが、スタバですよね。

但し、ちょっと考えてみてください。

スタバでナンパ待ちしている女性が、好みの男性を発見したとして、女性の方から男性に声をかけるでしょうか?

女性の方から男性に、逆ナンパするでしょうか?

答えはもちろん、ノーですよね。

確かに、女性は出会いがなくて悩んでいますし、スタバでナンパ待ちしています。

でも、だからと言って、自分の方から逆ナンパはしないんです。

それは、女性のプライドが許さないんですね。

スタバでナンパされた、という事実は偶然の出会い、運命の出会いと人に言えるかもしれませんが、自分の方から逆ナンパした出会いなんて、例えその後の交際が上手くいったとしても人に言えない出会いになってしまうからなんです。

あくまでも、男性の方から誘ってきた体が必要なのも、女性の心理の特徴と言えます。

すなわち、この記事の後半でナンパ待ち女性の脈あり、脈なしサインを解説しますが、たとえ脈ありサインがあったとしても、待っているだけでは逆ナンパなど起こらない、という事実を押さえておいてください。

ナンパされて悪い気はしない

現代女性は、出会いがないことに悩んでいて、でも逆ナンパはできない。

そんな心理状態でナンパ待ちしているときに、男性からナンパされたらどう思うでしょうか?

意外と、ナンパされて悪い気はしない、というのが本音なんですね。

むしろ、女性は年齢を重ねれば重ねるほど、ナンパされることがむしろ嬉しい、とさえ感じるんです。

だから、必要なのはあと一押し。

脈ありサイン、脈なしサインさえ間違えなければ、最後の一押しをするだけでいいんです。

女性心理を理解することがいかに重要か、この章を読んだだけでもご理解いただけたのではないでしょうか。

スタバが出会いスポットになった理由

そもそも居心地がいい

女性がスタバでナンパ待ちする理由は、単純に、そこが居心地いいからです。

そもそも、カフェや喫茶店は、コーヒーを中心とした飲食店でありながらも、ただ飲食だけを楽しむのではなく、読書をしたり、作業をしたり、人それぞれの心地いい時間を過ごす、そんな場所になっているんですね。

すなわち、コーヒーを飲むためにそこにいるというよりは、コーヒーを飲みつつ何かをする場所。

それがカフェや喫茶店であり、その代表とも言えるのがスタバだったんですね。

事実、従来型の喫茶店と比較すると、スタバの店内はゆったりした座席の配置となっており、ソファーも柔らかく大き目になっている傾向があります。

これは、純粋にコーヒーを飲む場所という概念を超えて、そこにいるひと時を楽しむ、そんなライフスタイルを丸ごと提案しているのが、心地よさの源泉になっていると言えます。

だから、ナンパ待ちを楽しめる、むしろナンパ待ちしている感覚さえも忘れてしまう、そんな居心地のよさが、スタバの出会いが人気になった遠因と言えます。

ナンパにちょうどいいBGM

スタバの店内で飲食をしていると、そのBGMが意外と大きいことに驚くのではないでしょうか。

一般的ないわゆる喫茶店と比較すると、スタバのBGMは大きめです。

それが意外と、ナンパにちょうど適しているんですね。

例えば、喫茶店の店内でナンパする場合、声をかける側もかけられる側も、もしも店内がシーンと静まり返っていたら気を使ってしまうもの。

実際、街の喫茶店はBGMが静かすぎて、会話をするのも気を使ってしまいますよね。

逆に、適度に大きなBGMが流れていることで、会話の声はある程度耳に入ってくるものの、具体的な話題の内容までは聞こえない。

そんなナンパにちょうどいい環境が、ちょっと大きめのBGMで作られていたんですね。

静かすぎるBGMや、無音の喫茶店は、ナンパする側もされる側も気を使ってしまいますが、スタバのようなちょうどいい音量があることで、それがちょうどよく会話をかき消してくれるという仕組みになっているんです。

スタバがナンパスポットと言われる要因は、音にも隠されていたんですね。

女性が求める非日常がある

スタバで写真を撮ると、映えます。

ただフラペチーノをひとつ頼んで、普通に写真を撮るだけでも映えるんです。

それは、ちょっと贅沢をしている感があるからなんですね。

言い換えるなら、非日常がそこにあるから映えますし、そのままインスタに載せたくなるほどです。

元来、女性がスタバに求めているのは、コーヒーを飲むことによって食を満たしたいという目的ではなく、スタバにいる人になりたい、という自己実現の欲求に起因します。

一言で言えば、非日常を味わいたいからスタバに行くんですね。

だから、男性から声をかけられる、新しい男性と出会えるという部分もまた、非日常であり、それがドラマチックにしてくれるんです。

結果的に、それが意識的か無意識的かは別にしても、スタバに行く目的の一つとしてナンパ待ちが含まれることになるんですね。

スタバは出会える、と言われる所以がそこにあるんですね。

スタバでナンパ待ちしている女性の特徴

美人が多い

スタバでナンパ待ちしている女性は、なぜか美人が多いと思いませんか?

事実、街の喫茶店でお茶している女性よりも、相対的に見てスタバの方が美人が多いのもまた事実です。

人は、自分が憧れるものに近づこうとする傾向があるため、欧米文化の象徴とも言えるスタバは憧れの対象でもあり、そこに相応しくあるために、そこに馴染むために、容姿に磨きをかけている人が集まるからだと想像します。

この傾向もまた、スタバが飲食する以上の空間を構築してきた所以と言えます。

少なくとも、ストりとナンパで、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる、と言わんばかりに手当たり次第に声をかけるよりも、ハイスペックな美人の女性とピンポイントで出会える、ということは統計的に見ても間違いないんです。

フリーランスが多い

スタバでナンパ待ちしている女性の傾向として、フリーランスかそれに近い雇用形態の女性が多い傾向にあります。

逆に言えば、フルタイムで月曜日から金曜日まで働いている女性よりも、日数や曜日が比較的自由な女性が多いと言い換えることもできます。

あるいは、勤務時間が短かったり、休憩時間を自由に取れるなど、フレキシブルな働き方をしている女性が散見されます。

これもまた、スタバにいる女性の傾向と言えます。

逆に言えば、忙しくてしゃべる暇もない、ナンパの相手をする暇もない、という女性は、いないんですね。

これもまた、スタバがナンパスポットとして定着した遠因の一つと言えます。

立地によって年齢層を選べる

スタバでナンパ待ちしている女性は、その土地によって年齢層が大きく変わっていきます。

もちろん、おおざっぱに分類するならば、繁華街は若い学生、オフィス街は社会人女性、住宅地に近い場所は主婦、といった傾向があります。

但し、それはあくまでも統計学の視点から見た分類であり、一つひとつの店舗によって、客層は全くことなる、すなわちナンパ待ちの事情も大きく異なると言えます。

詳しくは後述しますが、一口にスタバといっても年齢層が全く異なるということ、すなわち、店舗の立地を選ぶことがそのままナンパ待ち女性の年齢層を決めるということを意味するんですね。

だから、立地を選ぶのが肝心です。

ナンパの下準備として、それぞれの土地の傾向を掴むというプロセスを飛ばさないように注意してください。

スタバで声をかけるための下準備

見た目が最重要

スタバの出会いを実らせるためには、見た目のイメージが最重要です。

見た目といっても、イケメンかどうかは全く関係がありません。

生まれ持った容姿のことではなく、スタバという世界観にマッチしているかどうか、そこが鍵になってくるんですね。

事実、スタバでナンパ待ちしている女性は、非日常のちょっと贅沢なライフスタイルを体現するためにわざわざお金を使って滞在します。

そんな憧れのライフスタイルを体現している、馴染んでいる相手こそ、自分に相応しいと感じるんですね。

例えば、スタバで颯爽とMacBookを開いて仕事をしている人と、ボロボロのWindowsパソコンを持っている人がいたら、どちらに惹かれるでしょうか。

案外、そんな表面的なイメージが、恋愛感情の大きな源泉だったりするものなんです。

時間帯と場所でペルソナが変わる

スタバの出会いは、立地によってその女性層が大きく左右されるというお話をしました。

そこで見落とさないようにして欲しいのが、時間帯です。

同じ店舗でも、時間帯によってその客層は大きくことなり、それが平日か週末かによってもガラッと変わります。

例えば、大きなオフィス街にあるスタバの場合、平日はサラリーマンやOLさんの割合が多い一方で、週末になると、近隣に暮らす住民が多く集まります。

このような違いをしっかり見極めないと、せっかくのチャンスが半減してしまうんですね。

わざわざ遠方の店舗まで足を運んだり、本来、自分が利用しないような時間帯に合わせるのは無理が生じるものなので、まずは自分の行動範囲内で、無理のない土地開拓をしていくと効率的です。

ナンパ待ち=暇な人を見抜くスキル

スタバの女性を眺めていると、暇な人と、そうでない人が一発で見抜けるようになります。

要は、経験が物を言うんですね。

具体例として、スマホを見る頻度にその感情が如実に現れます。

暇な人の場合、その暇の度合が高ければ高いほど、スマホを見る回数が正比例で増えていきます。

逆に言えば、パソコンや本に集中して、スマホを触っている時間が少ない人ほど、集中力が高いと言えます。

まずはじっくり観察する。

そうすれば必然的に、脈ありサイン、脈なしサインが見えてくるんですね。

スタバで連絡先を交換するまでの流れ

声のかけ方

一つ前の章お話したように、下準備がきちんと整っているなら、あとはただ声をかけるだけでOKです。

すぐ隣の席なら座ったままでもいいですし、離れていたら近くまで行くか、店の入口などで声をかけるのもアリです。

スタバに限らず、基本的に声をかけるには理由が必要であり、連絡先を交換するには目的が必要となります。

この、理由と目的が明確になっていないと、ナンパは失敗するんです。

ナンパは、人それぞれの個性を活かすべきなので、全ての男性に当てはまるたった一つの正解があるわけではありません。

慣れた口調でスマートに声をかけるのが合っている男性もいれば、慣れない口調で初々しさを前面に出す方が自然な男性もいるからです。

但し、あえて世間一般的に、誰にでも当てはまる例文、テンプレートを明示するとすれば、一目惚れを理由とし、食事に誘うのを目的とするのが自然と言えるでしょう。

元来、一目惚れと食事への誘いを嫌いな女性は存在しませんし、初対面の偶然の出会いとして理屈が通ります。

ご馳走するのがベスト

一つ前の項で、一目惚れを理由として食事に誘い出すのがベストと書きました。

そして、時間があって暇な相手ならその日のうちに、その日が難しければ後日、食事に誘うのが自然です。

だから、そのために連絡先を交換するんです。

連絡先を交換する理由があれば、必然性が生まれますよね。

街中を歩いている相手に、急に連絡先を聞いても教えてもらえないのは、そこに必然性がなかったからなんです。

もちろん、10人に声をかけて10人全員がそのまま食事に付いて来てくれるとは限りませんが、少なからず、食事くらいなら、お茶だけなら、と承諾してくれるはずです。

なぜ簡単に食事をOKしてくれるのか。

すなわち、スタバでナンパ待ちしている女性に声をかける際に、ただ「食事に行きませんか?」ではなく、「美味しい食事をご馳走させてください」と言い換えることで、誘因が働くんですね。

逆に言えば、よっぽど忙しい人でない限り、断る理由はありませんし、そんなに忙しいなら、そもそもスタバにいません。

このように、ナンパは理由と目的を明示した上で必然性を作り、誘因を加えることによって完成するんですね。

すぐ消えるアピール

一つ前の項で示したように、ナンパには理由と目的からなる必然性と、誘因によって完成する、これが事実です。

その相手がナンパ待ちをしているなら、なおさら有効です。

但し、美味しい食事をご馳走してもらえるという誘因をさらに強化するために、誘因を重ねるのが、確実なナンパの方法なんですね。

それが、すぐ消えるアピールです。

出会いがない悩みを抱えている女性の目の前に、突然思いがけない出会いが舞い降りたら、案外、その貴重なチャンスを理解する以前に驚きが勝ってしまうこともあるでしょう。

そもそも、男性から声をかけられる機会など少ない世の中で、嬉しいという自然な感情よりも警戒心が勝ってしまうんです。

そこで有効なのが、「ご迷惑だったら忘れてください」という一言です。

突然、目の前に出会いのチャンスが現れて、ナンパされているという驚きと非現実感を目の当たりにしつつも、まだ迷いがある。

目の前に誘因が示され、心が動かされているにも関わらず、まだ迷っている。

そこでこの例文を使うと、「これを断ったら二度とチャンスが訪れないかもしれない」「食事だけならいいかな」という気持ちになるんですね。

これが、一般的な女性の心理です。

逆に言えば、食事を奢られて損する人なんていませんし、即答するよりも、もう一歩後押しが欲しいというのが本音なんですね。

これが、スタバのナンパを成功させる効果的、かつ一番自然なストラテジーと言えます。

まとめ

スタバ店員さんとの出会いが熱い

ここまで、スタバの出会いを、連絡先の交換やデートに繋げるためのノウハウを解説してきました。

この記事を最初から最後までしっかり覚えていれば、スタバで出会った女性との繋がりはどんどん濃くなっていくはずです。

但し、スタバが出会いのメッカと言われる所以は、実は、それだけではなかったんですね。

事実、スタバの出会いは、お客さんだけでなく、店員さんとも出会えるという二重の出会いがあるからなんです。

実際、スタバの店員さんほどフレンドリーな接客はないですし、連絡先を手渡しつつ、一つ前の章で解説した例文のテンプレートを使用すれば相手の方から連絡が来るはずです。

もちろん、勤務中という相手の状況も考慮して、明確にナンパの意思を示したらさっと店舗を後にすべきですが、カジュアルで、軽いノリの声かけでも成功率は高いですし、むしろチャレンジすべきと言えます。

出会いは同時進行がベスト

スタバは出会える。

この記事では、その一点に集中して解説をしてきました。

そして、その理由もしっかり証明できたと思います。

しかし、はっきり言って、スタバの出会いは非効率です。

スタバが一番出会いやすいとお話したのに、意外に思われるかもしれませんが、世の中に存在する全ての出会いと相対的に比較してしまうと、スタバという場のナンパは圧倒的にそのチャンスが少ないんですね。

答えを最初に言うと、マッチングアプリの出会いがベストです。

元来、マッチングアプリに登録し、一旦プロフィールを作成してしまえば、毎日毎日、数十人、数百人という女性と出会えます。

すぐに女性とのデートの予定でカレンダーは埋まってしまいます。

それほど出会いのなさは深刻であり、女性余りの時代と言われる所以がそこに垣間見えるんですね。

だから、スタバナンパとマッチングアプリを併用するのが、正解なんです。

毎日毎日、朝から晩までスタバに通うのは苦行かもしれませんが、出会いはマッチングアプリに任せておいて、気分転換にスタバに行く、そこでもし好みの美人がいたらナンパする。

そんな臨機応変な姿勢が、一番賢い男性の姿と言えます。

スタバで出会えるのは今だけ

この記事の最初に、スタバのナンパは簡単、というお話をしました。

それが、事実です。

そしてその理由として、スタバにいる女性がなぜナンパ待ちをしているのか、その理由も証明してきました。

だから、驚くほど簡単に出会えます。

但し、もしも男性が自分の方から積極的に行動しないなら、その出会いは他人に盗られてしまいます。

今この記事を読んでいる瞬間にも、スタバで美人がナンパ待ちをしています。

でも、あなたが今自宅にいるなら、そのチャンスは他の男性に盗られることを意味しているんです。

ナンパをするのも、しないのも、人の自由です。

でも、せっかく目の前に美人が待っているのに、他人に盗られるなんてもったいないですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA