口説き方

職場女性の口説き方

職場女性の口説き方

職場女性を口説くのは簡単

職場女性は口説ける

最初に結論を言います。

職場女性を口説くのは、簡単です。

これが結論です。

この記事では、職場の女性を好きになってしまったあなたのために、その女性を口説く方法を解説します。

この記事を最後まで読んでもらえれば、その女性を口説き、デートする方法の答えを知ることができます。

しかも、なぜ成功するのか、女性の心理もしっかりご理解いただけるはずです。

ぜひ、最後までしっかり読んで参考にしてください。

本題に入る前に、一番大事なことを言います。

僕は、この記事に、広告を貼りません。

その理由は、広告を貼る必要性がないからです。

最初に言ったように、この記事では、職場女性を口説いてデートし、恋愛を成就させるための方法を全て惜しみなく書いています。

つまり、この記事の中に、答えが全て詰まっているのです。

別の言い方をすれば、この記事の読者である大切なあなたに、余計な広告を見せる必要がないのです。

広告が好きな人なんて、いませんよね。

しかし、世の中には、読者を広告に流すために作られた記事が溢れています。

例えば、「職場女性 口説き方」というキーワードで検索してみると、そんな記事が溢れていることにがっかりするはずです。

そんな記事の内容は、往々にして、女性の口説き方を解説した後に、「出会いが欲しい人はこちらがおすすめです」という風に、出会い系サイトに流しているのです。

あなたは「口説き方」を知りたくて検索しているのであって、出会い系サイトに入会したいのではないですよね。

これが、「記事広告」です。

「職場女性の口説き方」という記事で釣って、出会い系サイトに流して儲けるのです。

だから、僕はこの記事に広告を貼りません。

僕がこの記事を書く唯一の目的は、あなたに「職場女性を口説く方法」を知って欲しいからです。

僕にはそれが可能です。

ちなみに、この記事を書いている今日現在、僕は記事に広告を貼ったことがありません。

しかし、もしも必要なら、これから書く新しい記事に広告を貼ることがあるかもしれません。

なぜなら、広告を貼ることが、読者にとって有益であることも考えられるからです。

例えば、出会いが欲しい人に対して、出会いを作るきっかけの一つとしてマッチングアプリを紹介することは、悪いことでしょうか。

違いますよね。

マッチングアプリは、時として良い出会いのきっかけの一つになり得ます。

その場合は、記事を読む人の目的と、広告の内容がぴったり合っているので、広告を貼ることが悪ではないのです。

だから、僕は広告というもの自体を否定しません。

強調したいのは、職場女性を口説きたいという人を、広告に流す必要性がないのです。

「職場女性 口説き方」というキーワードで検索し、その記事に広告が貼ってあったら、そのサイトを信用してはいけません。

これだけは忘れないでください。

職場恋愛は最高

この記事では、職場女性を口説く方法を解説します。

この記事を最後までしっかり読んでもらえれば、職場女性を口説き、その女性とデートを楽しめます。

そして、上手くいけばその女性と付き合い、あなたの恋人になることでしょう。

そうです。

それが、「職場恋愛」です。

職場恋愛は、最高です。

ちょっと想像してみてください。

今あなたが気になっている女性、好きになってしまった女性と付き合うことができれば、その女性とデートをし、手を繋ぎ、キスをし、抱き合い、愛し合うことができます。

それが恋愛です。

あなたが気になっているその女性と、肉体的にも精神的にも繋がり、一つになれるのです。

最高ですよね。

職場恋愛をすると、仕事も楽しくなります。

職場で彼女と目が合うたびに、お互いにドキドキし、二人の秘密を共有している一体感を味わえるでしょう。

また、詳細は後述しますが、職場恋愛は本気の恋愛や結婚に一番近い恋愛の一つです。

つまり、相手の女性にとって、「本気の恋愛」に発展しやすい特徴があるのです。

この記事をしっかり読んで、その答えを知ってください。

この記事には、答えを全て書きます。

職場女性を口説く注意点

この記事を読んでもらえれば、職場女性を口説くのは、簡単です。

しかし、一つだけ忘れないで欲しいのが、職場はプライベート空間ではなく、「公共の場」であるという事実です。

これは、あなたの職場が小さなバイト先であっても、大企業であっても、同じです。

職場である以上、「周りに配慮する」という最低限のルールを守る必要があるのです。

そして、近年もう一つ忘れてはいけないのが、セクハラやパワハラといったハラスメント問題です。

職場女性と相思相愛になれば、それは「恋愛」を言えますが、相手の気持ちを読み間違えると、それは「ハラスメント」になり得るからです。

でも、この記事を読んでもらえれば問題ありません。

やるべきこと、やってはいけないことを、しっかり書いています。

職場女性と相思相愛になったとしても、「浮かれない」ということが大切であり、仕事と私生活をしっかり分けて考えるということを、忘れずに押さえておいてください。

職場恋愛のメリット

最初からお互いのことを知っている

職場女性を口説くのは、簡単です。

もちろん、100%必ず口説けるとは言いません。

しかし、確率で言えば、他のきっかけで女性と知り合うよりも、職場女性の方が何倍も口説きやすいというのが事実です。

その理由の一つが、最初からお互いのことを知っているということ。

もちろん、勤続年数は人それぞれ違いますし、日常的にその女性とどの程度の接点があるのかという点も人それぞれ違いますよね。

しかし、あなたがその女性を知っているということは、あなたとその女性との接点は十分にあるのです。

つまり、接点があるということは、「赤の他人」ではないのです。

あなたとその職場女性とは、日常的に会話をする仲かもしれませんし、まだ名前も知らない相手かもしれませんが、既に接点があるということは、女性を口説く上で非常に強みになるということを押さえておいてください。

そして、それを自信に変えてください。

信頼関係が出来上がっている

前項で述べたように、あなたとあなたの職場女性との間には、接点があります。

そして、同じ職場で働いているという接点は、信頼へと繋がります。

もちろん、相手の女性は、またあなたの表面的な部分しか知らないかもしれません。

しかし、同じ職場で働いているという事実は、あなたがイメージする以上に大きな強みなのです。

世の中には、上場企業のように大きな職場もあれば、個人経営のように小さなバイトもありますよね。

しかし、どんな職場にも、多かれ少なかれ、従業員がいます。

つまり、あなたとあなたが気になっている女性の他に、「周りの人」という第三者の存在があるのです。

それが、「赤の他人」から口説かれる場合との最大の違いであり、「怪しい人かもしれない」「どこの馬の骨かもわからない」という最初のハードルをクリアしているのです。

ここが、ナンパとは雲泥の差と言えます。

信頼関係は、最大の武器になるのです。

制約は逆にメリット

職場女性を口説く場合、プライベート空間で女性を口説く場合と比較して、制約とも呼べるハードルが存在します。

簡単に言ってしまえば、職場の風紀を乱してはいけないということです。

今の時代、職場恋愛を禁止している企業などないと思いますが、やはり職場である以上は最低限のルールを守らなければなりません。

少なくとも、相思相愛で恋愛が成就するまでは、周りの人に秘密にし、周りを巻き込まないという気遣いが大切なのです。

考えてみれば、社会人なら当たり前のことですよね。

しかし、あなたに知っておいて欲しいのは、そんな制約は、必ずしもデメリットとは言い切れないということです。

ちょっと考えてみてください。

もしも、まったくその制約がなかったら、周りの人目を気にせずにいつでもその女性を口説けますよね。

でも、もし完全に自由になってしまったら、デートをする前にお互いを知り過ぎてしまうのです。

別の言い方をすれば、あなたの良さを発揮できないまま、あなたのイメージが出来上がってしまい、「彼氏にするタイプではないな」と判断されてしまうこともあるのです。

相手の女性に「恋愛感情」を意識させるためには、二人きりのデートをしなければなりません。

職場に制約があるからこそ、デートという「ゆっくり話せる場所」へ移行する理由が生まれるのです。

この記事では、女性をどうやって口説き、どのようにデートをすればよいのかをしっかり解説しています。

まずは、職場という仕事空間から、デートというプライベート空間に、「場所を変える」ということを最初の目標にしてください。

その目標を達成すると、その後の流れは驚くほどスムーズです。

職場恋愛のデメリット

好意を勘違いしやすい

物事には、メリットがあれば必ずデメリットも存在します。

職場女性を口説く場合、デメリットとなりやすいのが、「好意を勘違いしやすい」ということです。

当然のことながら、同じ職場で働いているのですから、その女性との接点があり、多かれ少なかれ「会話」をする機会はありますよね。

ゆっくり会話をする機会がない人でも、挨拶をしたり、目があったりすることはあるはずです。

そこで注意しなければならないのが、勘違いです。

相手の女性は、あなたに行為があるのか、それともただ単純に誰にでも優しいタイプなのか、そこを見誤ってはいけません。

いつも目が合う、いつも自分に優しく接してくれるからと言って、それはあなたのことを好きなのではなく、ただ単純に「いい人」である場合も往々にしてあり得るからです。

自分に気があるのかどうかを判断するのは、あなた自身です。

もちろん、あなたにとって、それが難しいことも良く理解できます。

だから、あなたが確信を得るためには、デートをしなければならないのです。

デートをし、デート中やデート後の相手の反応を見て、脈ありなのか脈なしなのかを見分けるのです。

自身を持って一発で判断できない人でも、数を重ねれば必ず判断できるようになります。

そのためには、まずデートをしなければ始まらないのです。

相手の情報を詮索しがち

職場女性を好きになってしまった場合、ついついやってしまいがちなのが、相手の情報を詮索してしまうという行動です。

もしも、あなたがその職場女性の上司だったり、面接を担当したりしていれば、履歴書や職務経歴書といった個人情報が簡単に手に入りますよね。

そうでなくても、他の同僚に聞けばその女性のプライベートな情報を教えてもらえるかもしれません。

ましてや、今の時代はインスタやTwitterといったSNSをちょっと探れば、本人のアカウントはすぐ見つかり、その人の日常を垣間見ることもできますよね。

しかし、相手の情報を詮索してはいけません。

モラルの話をしているのではありません。

職場女性を口説く上で、「相手のことを知らない」ということは、デメリットではなくメリットなのです。

なぜ、相手のことを知らない方が良いのか。

答えは簡単です。

あなたが知りたい相手の情報を、あなたの口で相手に聞けるからです。

相手についての情報が少なければ少ないほど、デートでの会話が盛り上がります。

「なにを話せばいいのか分からない」という悩みなど、消えます。

デートが、盛り上がります。

彼氏の有無について

相手の情報を詮索しない方がいいという点に通じますが、もう一つ大切なことは、彼氏の有無を知る必要はないということです。

職場女性を好きになった場合、真っ先に気になるのが、「彼氏がいるかどうか」ですよね。

しかし、それを詮索してはいけません。

なぜなら、彼氏の有無を知っても一つも良いことなどないからです。

もちろん、彼氏がいなければラッキーです。

しかし、あなたに知って欲しいことは、その女性に彼氏がいたとしても、付き合えるチャンスはある、ということです。

彼氏がいる女性=無理、と決めつけてはいけません。

その理由は、彼氏がいる女性=全員が幸せ、とは限らないからです。

ちょっと考えてみれば、当たり前ですよね。

彼氏がいる女性だって、その彼氏のことで悩んでいますし、「他にいい人がいたら、別れたい」と思っている女性も少なくないのです。

彼氏がいない女性だけでなく、彼氏持ちの女性と付き合うチャンスがあるなら、そのチャンスは一気に2倍に跳ね上がるのです。

彼氏持ちの女性が持つポテンシャルを無駄にしないでください。

先入観を捨てれば、チャンスは広がるのです。

やるべきこと

常に見られていることを意識する

職場女性が気になる場合、職場女性を好きになってしまった場合、まず一番最初にすべきことは、常に見られていることを意識するということです。

その女性は、同じ職場で働いているからにはあなたの存在は知っています。

しかし、そのあなたから、異性としての好意を持たれていることにまだ気付いていない場合がほとんどと言えるでしょう。

あなたから見たらその女性は特別な一人かもしれませんが、相手の女性から見たら、あなたはまだ「その他大勢」なのです。

しかし、だからといって油断してはいけません。

彼女にとってあなたは同僚の一人ですが、あなたの行動は見られているのです。

職場に出社してから、退社するまでだけではありません。

職場の最寄り駅や最寄りのコンビニ、職場への通勤経路も気を抜かないでください。

意外と、見られています。

もちろん、なにか特別な行動を取る必要はありません。

常に「人から見られている」という意識を持つだけで、恥ずかしい言動や見られたくない言動を見られなくて済むのです。

一生懸命仕事をする

職場女性から、常に見られていることと重なりますが、職場女性を好きになった場合、「一生懸命仕事をする」という当たり前のことに集中すべきです。

社会人として、一生懸命仕事をすることは当たり前と思うかもしれません。

しかし、ここで心掛けて欲しいことは、改善の意識を持って仕事をするということです。

与えられた仕事をきっちりこなすことは、素晴らしいことです。

しかし、与えられた仕事をするだけの男性は、魅力的ではありません。

与えられた役割をきっちりこなしつつ、「もっと効率的なやり方はないか」「どうすればもっと売上が上がるか」「お客様はなにを望んでいるか」といった、改善の意識を持って仕事をするのです。

そうすれば、必ず課題が見えてきます。

そして、課題が見えたら、その改善策を考えるのです。

職場女性とデートをする場合、共通の話題と言えば、どうしても「職場の愚痴」になってしまいがちです。

確かに、それが一番盛り上がるネタです。

しかし、彼女の愚痴を聞いてあげるだけでなく、そこで正しい意見、特に効果的な解決策を提示するためには、普段から問題意識を持って物事を見るという習慣が必要なのです。

聞き役に回り、愚痴を聞いてくれる男性はモテます。

しかし、「そうだね」「大変だね」と共感するだけでなく、「もっとこうしたら良いと思う」と自分の意見を述べられる男性は、もっとモテます。

正しいか、間違いかは問題ではありません。

自分の意見を言える男性の方が、ずっと頼もしいのです。

与えられた仕事をしつつ、問題意識を持ってそれに取り組む。

そんな男性を、職場で目にしたら、どんな女性だって胸がキュンと締め付けられるはずです。

さりげない気遣いを積み重ねる

職場女性をデートに誘う前に、やっておくと印象をぐっと良くすることができるのが、さりげない気遣いを積み重ねるということです。

大げさにアピールするのは逆効果なので、さりげなさがポイントになります。

相手の女性の立場が上司であろうと部下であろうと、同期であろうと、誰にでも使えて効果的なのが、「ありがとう」と「助かった」というキーワードです。

電話を取り次いでもらった時や、なにかを手伝ってもらった時、エレベーターのボタンを押してもらった時など、どんなシチュエーションでも構いません。

「ありがとう」というキーワードは、欠かさないでください。

きちんと相手の目を見て、言ってください。

そして、なにかを手伝ってもらった場合、「ありがとう」に加えて、「すごく助かった」とか、「助かりました」と、「助かった」というキーワードがさらに相手に良い印象を与えます。

一見、職場女性を口説くことと、これらのキーワードは関連性がないように思えるかもしれません。

しかし、職場女性を口説いて成功するか失敗するかの差は、女性を口説くその時だけの印象で決まるのではなく、それ以前から、結果は決まっているのです。

やってはいけないこと

LINEは聞かない

職場女性を口説く場合、一番やってはいけないことが、LINEを聞くということです。

もちろん、既にその女性のLINEを知っているなら、それはそれで問題ありません。

しかし、まだLINEを交換していないなら、聞かないでください。

なぜなら、職場女性を口説くために、LINEは必要ないからです。

繰り返しになりますが、職場女性を口説く場合、一番大事なことはデートという対面の場で自分をアピールすることです。

そして、デートを盛り上げるための大切な要素の一つが、「会話」です。

LINEを交換し、LINEで自由にやりとりをできるようになってしまったら、デートですべき会話が減ってしまうのです。

もっと言えば、デートに誘う必要性が一つ失われると言っても過言ではないのです。

LINEを交換するベストなタイミングは、初デートの別れ際です。

なぜ、そのタイミングがベストなのかは、この後しっかり証明します。

まずは、LINEを交換することを焦らない、事前にLINEを交換することに意味がないということをしっかり押さえておいてください。

職場内で口説かない

職場女性を口説く場合、気を付けなければいけないのが、職場内で口説かないということです。

同じ職場である以上、話しかけるきっかけはいくらでも作れるはずです。

しかし、口説くのはあくまでもデートというプライベートな時間を使うべきで、休憩時間を含めて職場ではすべきではないのです。

これは、モラルの観点から言っているのではありません。

前項でも説明しましたが、会話は、デートという二人だけの空間でこそ、その効果が発揮されるからです。

職場のちょっとした愚痴から、真剣な悩み事の相談まで、人の目がある場では本心を語れません。

逆に、二人だけの空間で、お酒の一杯でも入れば、普段は言えないような本心が自然と出てくるものなのです。

そんなチャンスを、捨ててはいけません。

あなたが一番最初に目標とすべきことは、デートという二人きりのプライベート空間を作ることです。

二人きりになれば、いくらでも口説くチャンスは生まれますし、あなたの魅力を最大限に表現するためには、周りの目を気にしなくても済む、リラックスできる環境である必要があるのです。

浅いほめ言葉を使わない

前項で、職場女性を口説くためにやるべきこととして、「ありがとう」を多用するというシンプルな戦略が効果的であると言いました。

しかし、ものには限度があります。

あくまでも、相手からなにかをしてもらったことに対してお礼をするのは自然なことですが、相手からなにもされていないのに、仕事には不必要な話題を振るのはちょっと危険です。

例えば、「髪切った?」「今日の服可愛いね」なんて、最悪です。

「○○さんは芸能人の○○に似てるね」も、最悪中の最悪です。

なぜ、最悪なのか分かりますか?

その答えは、言葉が浅すぎるのです。

ちょっとしたアルバイトであろうと、大企業の正社員であろうと、世の中の女性が褒められて嬉しいと感じるのは、自分の仕事を評価してもらった時です。

世の中の女性は、多かれ少なかれ、「こんなにがんばっているのに誰も評価してくれない」「もっと評価されるべき」という感情を持っています。

そこを、褒めるのです。

「○○さんは仕事が早いね」「ありがとう、助かった」という風に、本人の上辺の容姿を褒めるのではなく、努力の部分を褒めるのです。

そうすることによって、「この人は私を分かっている」と示すことができます。

女性は、男性から可愛いと思われたい、綺麗だと思われたいと、努力しています。

だからと言って、そこを褒めるのは逆効果なのですね。

表面ではなく、中身を褒めるという視点を忘れないでください。

職場女性をデートに誘う方法

「口説く」以外の理由を作る

職場女性をデートに誘う場合、時間をかけてのんびり構える暇がないことの方が多いでしょう。

職場には常に周りの目があるため、デートに誘うためにはその周りの目がなくなるタイミングが必要ですよね。

職場ですれ違った瞬間や、休憩時間、職場から最寄り駅までの道のりといった、限られた時間内で効果的に誘わなければなりません。

しかし、それで十分なのです。

職場女性をデートに誘うために、だらだらと会話をする必要はありません。

ただ、誘えばいいです。

どんな誘い方をしても、イエスの女性はイエスと言いますし、ノーの女性はノーとしか言わないのです。

但し、一つだけ知っておいて欲しいことがあります。

それは、「口説く」以外の理由を作るということです。

どんなに鈍感な女性だって、職場の男性から二人きりの食事に誘われたら、それを「デート」だと意識します。

いきなり、「ご飯食べに行きませんか?」と言われても、「なんで?」という当たり前の疑問が湧くのです。

なので、最初からその「なんで?」の答えを用意しておけばいいんです。

職場女性をデートに誘う場合、一番いいのが、「お礼」と「お祝い」です。

いつも仕事を手伝ってくれている女性に、「いつもありがとう」→「助かっている」→「お礼に焼肉を奢らせて」という風に、先に理由を述べるのです。

誕生日やクリスマスといった、イベント事と関連付けて、「お祝いさせてください」も非常に効果的ですが、職場女性によく効くのは、前者の「感謝」→「お礼」の流れです。

美味しいものを奢ってくれる、オシャレな店に連れて行ってくれると言われて、喜ばない女性はいません。

女性は皆、「デートに誘われた」と飛び上がるほどうれしいはずです。

しかし、それを成功させるためには、「もっともな理由」が必要なのです。

逃げ道を用意してあげる

職場女性をデートに誘う場合、紳士であれば、「逃げ道を用意してあげる」ということも忘れないでください。

逃げ道とは、簡単に言えば、その誘いを断る余地を与えてあげるということです。

例えば、「今度の金曜日、仕事の後に一杯飲みませんか?」「いつも助けてもらってるので、お礼させてください」と誘うとします。

ここで、女性にイエスかノーかの選択を迫ってしまうのは、女性に対してストレスを与えます。

なぜなら、イエスなら問題ありませんが、ノーの場合、断る理由を女性が考えなければならないからです。

「飲みに行きませんか?」と質問をした後に、さらに、「無理なら無理ってはっきり言ってください」とか、「無理なら全然大丈夫です」と付け加えて、ノーを言いやすくしてあげるのです。

もちろん、深刻な顔をせず、さらっと明るく言ってくださいね。

「私はあなたが好きです。デートをしてください。」というスタンスは、重すぎます。

「お礼をしたい。無理なら全然いいんですが。」という軽いスタンスを見せることで、断りやすい環境と作ると同時に、ノーの女性をイエスへと揺り動かす効果も得られるのです。

これが、独りよがりにならず、相手を想うということなのです。

相手の性格に応じてカスタマイズ

この項では、世の中の全ての男性が、職場女性をデートに誘うために効果的な方法を解説してきました。

しかし、人間は一人ひとり違います。

職場女性もまた、一人ひとり違うのです。

だから、この記事をそっくりそのまま再現するだけでなく、あなたがデートに誘おうとしている女性の性格に応じて、多少のカスタマイズは必要であるということは忘れないでください。

少なくとも、相手の女性が、クールでしっかりした年上女性の場合と、内気で恥ずかしがりやなほんわかした女性の場合とで、アプローチは異なります。

「お礼させてください」と、「お礼させてもらえませんか?」では、全く違いますよね。

あなたがデートに誘おうとしている女性のことは、この記事を書いている僕よりも、あなたが一番よく知っています。

この記事を最後まで読んでもらえればきっと上手くいきますが、最後の一押しは、あなたが考えて仕上げなければならないということを押さえておいてください。

職場女性とのデートのやり方

恋愛を意識させない

おめでとうございます。

職場女性をデートに誘い、OKしてもらったあなたは、嬉しくてたまらないでしょう。

その気持ちは良く分かります。

しかし、ちょっと待ってください。

職場女性をデートに誘い、二人きりで食事や飲みに行けたとしても、相手の女性があなたに異性としての好意を持っているかどうかは別問題です。

あなたを彼氏の候補として見ているのか、単なる男友達として見ているのか、まだ判断するには早すぎるのです。

そこで大切なことは、そのデートのことを、デートであると意識させてはいけないということです。

つまり、恋愛を意識させないのがポイントです。

職場女性との初デートは、その女性に楽しい時間を提供する、リラックスした癒しの時間を提供する、純粋に会話を楽しむということを、主目的にしてください。

口説くために作ったデートという場で、口説くということをしてはいけないのです。

口説かないことが、結果的に口説くことになるからです。

女性は、職場という環境ではなく、わざわざ二人きりになるプライベート空間に誘われた時点で、あなたから異性としての好意を持たれていることを察しています。

それだけで、十分なのです。

むしろ、デートが終わった後に、「今日は楽しかった」「でも口説かれなかったのはちょっと残念…」と名残惜しい気持ちになってもらえれば、それが、次に繋がるのです。

会話が盛り上がるテッパンネタ

職場女性とデートする場合、会話に困る人も少なくないでしょう。

その気持ちは良く分かります。

相手のことをどんなに好きでも、相手に関する情報がそれほど多くないのですから、盛り上がるネタに困るのも自然なことです。

しかし、安心してください。

職場女性とデートをする場合、会話が盛り上がるテッパンネタは、その職場に関するネタなのです。

それは、他の誰も持っていない、あなたのその女性との「共通点」なのです。

仕事の愚痴でもいいですし、私生活の悩みでもOKです。

なんでもいいから、相手の話を真剣に聞いてあげるということに集中してください。

そして、なんでもいいので、あなたの考えを述べてください。

女性の愚痴や悩みに対して、あなたの答えが正しいのか、間違っているのかは関係ありません。

女性は、自分の悩みに対して「そうだね」「仕方ないね」と流されるのが一番嫌いです。

そうではなく、「僕はこう思う」「こうすればいいと思う」と、自分の意見を述べてくれる人が好まれるのです。

女性が望むのは、効率的な解決策ではありません。

女性が望むのは、議論であり、そんな議論ができる相手が必要なだけなのです。

共通点から攻めてもどうしてもネタに困ってしまったら、会話の話題を「未来」へと向けてみてはいかがでしょうか。

5年後、10年後にどんな仕事をしていたいのか、どんな自分になっていたいのか、しっかり考えている人もいれば全く考えたことがない人もいます。

しかし、将来の夢を語り合い、それを実現するためのあなたなりのアドバイスができれば、あなたはその他大勢の同僚ではなく、特別な一人に一歩近づけるはずです。

脈あり・脈なしの見分け方

職場女性とデートをしたあなたが、一番気になってしまうのが、結局、脈ありなのか脈なしなのかという点ではないでしょうか。

その気持ちは良く分かります。

今すぐにでも、その答えを知りたいですよね。

でも、安心してください。

その答えはすぐ分かります。

普通、どんな女性でも、二人きりで食事をして別れた後は、お礼のLINEの一つでも送ってくれるものです。

そして、脈ありなら、「また行きましょう」「また誘ってください」という一言でも添えるのが普通です。

それが、脈ありのサインですよね。

逆に、「今日はありがとうございました」と、お礼だけで締めくくられていたなら、脈なしと見れます。

脈なしの場合は、そこで諦めず、時間を空けてからもう一回だけ誘ってみてください。

脈ありの場合も脈なしの場合も、次のデートに誘い、それがイエスなのか、ノーなのか。

それが、脈ありと脈なしを見分ける最大のサインと言えます。

要点をおさらい

職場恋愛は本気の恋に発展する

ここまで、職場女性をデートに誘う方法を解説してきました。

はっきり言って、簡単だと思いませんか?

職場女性と付き合いたい場合、その女性をデートに誘い、デートを楽しみ、脈ありなのか脈なしなのかを見分ける。

脈ありなら、次のデートに繋げる。

これで、単なる同僚から、彼氏へと一歩近づきます。

職場恋愛は、本気の恋に発展する数少ない出会いのきっかけと言えます。

はっきり言って、「結婚」に一番近い出会いのきっかけであり、結婚とは言わなくても、本命の彼氏として見てもらえる確率が非常に高いのです。

その理由は、職場恋愛が、「馴れ初め」にベストだからです。

今の時代、アプリで出会うのも不思議ではない時代です。

しかし、いざ結婚する時に、「アプリで出会った」と親や親戚に言えますか?

もしそんなことを知られてしまったら、「アプリで出会ったらしいよ」と陰で噂されるのが見えています。

出会いのチャンスは広がりましたが、結婚を前提とした恋愛をするためには、人に言える馴れ初めが必要なのです。

だから、職場恋愛は真剣な恋に発展するのですね。

職場女性との恋愛は、真剣な男女にとって、最高の出会いのきっかけなのです。

職場恋愛にリスクなし

ここまで読んでもらったあなたは、職場女性を口説くノウハウが全て身に付いたはずです。

実際に、あなたが気になっている女性、好きになった女性に、いよいよアプローチする準備が整ったと言えます。

しかし、まだ自信がなく、「断られたらどうしよう」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

でも、ちょっと考えてみてください。

デートの誘いを断られて、なにか困ることはありますか?

ありませんよね。

職場女性をデートに誘い、それが断られたとしても、それを他の誰かに知られることもありません。

普通、女性はそんなことをいちいち周りに言いふらしません。

職場で本人と会った時に、ちょっと気まずい思いをするかもしれませんが、そんなことはすぐ忘れます。

そんなことを気にしてデートをしないよりも、デートをして恋人になった後のことを想像してみてください。

どっちがいいですか?

失敗を恐れていたら、成功は絶対に手に入りません。

最後に、一番大切なことを言います。

職場女性は早い者勝ち

この記事の最後に、あなたに知っておいて欲しい一番大切なことを言います。

それは、「職場女性は早い者勝ち」という事実です。

あなたがその女性に魅力を感じているなら、職場にいる他の男性も同じように魅力を感じています。

では、質問です。

あなたがデートに誘う前に、他の男性が先にデートに誘ってしまったら、どうなると思いますか?

答えは簡単です。

他の男性に盗られてしまうのです。

残念ながら、出会いは早い者勝ちです。

チャンスは平等です。

あなたが先か、他の人が先か、勝負はシンプルなのです。

職場女性と付き合うチャンスが目の前にあるのに、そのチャンスを他の男性に盗られるなんて、もったいないですよね。