口説き方

コンビニ店員の口説き方

コンビニ店員の口説き方

コンビニ店員は口説ける

コンビニ店員は口説きやすい

最初に結論を言うと、コンビニ店員は、口説けます。

というか、他の職種と比べて、コンビニ店員ほど口説きやすい職種はありません。

コンビニという場所は、時間に追われた忙しい人々が、24時間せわしなく行き来する場所です。

コンビニに来店するお客さんは時間に追われて急いでいる人ばかりなので、レジ前にたった数人の行列があるだけでもイライラし、そのストレスは店員さんにとってプレッシャーとなります。

お会計の際に、「ありがとうございます」の一言さえ言わない人が少なくないのです。

そんなプレッシャーの中で働いている店員さんにとって、優しいお客さんは、逆に目立ちます。

その、いい意味で目立つ行動を取ることこそ、口説くための鍵になるのです。

この記事では、コンビニの店員さんを口説く方法を全てお教えします。

しかし、これからこの記事を読んでもらうあなたに、一つだけ知っておいて欲しいことがあります。

それは、「コンビニはナンパスポットではない」ということです。

コンビニは買い物をする場であり、公共の場です。

コンビニでナンパをしてはいけないという法律はありませんが、店員さんだけでなく、他のお客さんの迷惑にならないよう、ナンパは慎むべきなのです。

この記事は、あくまでも「コンビニで本気の恋をしてしまった人」「店員さんに一目惚れしてしまった人」のための記事です。

ナンパではなく、本気の恋をしっかり応援しますので、あなたの恋が真剣なら、ぜひしっかり読んで参考にしてください。

会話をする条件が整っている

コンビニは、口説くための会話をする条件が最初から整っている場所であると言えます。

例えば、道端で突然声をかける、ストリートナンパを想像してみてください。

歩いている女性に、「ちょっとすみません」と声をかけたところで、話を聞いてもらえないどころか、足を止めてもらうことすら困難ですよね。

ですが、コンビニは違います。

基本的に、レジに立っている店員さんは、その場所から逃げることができません。

レジに立ち、お会計をするのが仕事だからです。

言い方を変えると、レジに立っている時に話しかけられたら、会話をせざるを得ない状況に置かれているのです。

もちろん、だからと言って声をかけた相手に必ず喜ばれると言っているのではありません。

相手に迷惑にならないように、正しい口説き方でアプローチすれば、こんなに口説きやすい場所はないという意味なのです。

この記事を最後まで読み進めてもらえれば、その意味は必ず理解してもらえるはずです。

繰り返しになりますが、この記事の目的は、ナンパを指南することではありません。

あくまでも、本気で好きになってしまった店員さんに、その想いを伝えることが目的なのです。

成功パターンは決まっている

コンビニ店員を口説いて成功するパターンは、それほど複雑ではありません。

むしろ、シンプルです。

なぜなら、全国のどこへ行っても、コンビニという場の客層や、そこでアルバイトをしている店員さんのタイプは似ており、共通のパターンで口説けるからです。

これは、相手が初対面の人であっても、毎日通う常連のコンビニにいる店員さんであっても、対応はほとんど変わりません。

普通に口説いて、すんなり成功する可能性が高いですが、それでも成功しなかったとしたら、あきらめるしか道はないのです。

恋愛のルールは、シンプルなのです。

コンビニ店員の日常を理解する

仕事がめちゃくちゃ忙しい

コンビニ店員を口説きたいと思ったら、まずはその店員さんの気持ちを理解しなければ始まりません。

はっきり言って、コンビニの仕事はめちゃくちゃ忙しい仕事です。

まず第一に、全国の平均的なコンビニ店舗の場合、バックルームに十分なスペースはありません。

アルバイトスタッフ個人の荷物を置く場所や、着替える場所、休憩する場所など、よっぽど田舎で土地に余裕のある大型店舗でない限り、そのようなスペースは存在しません。

なぜなら、従業員が使うバックルームは、利益を生まないからです。

建物に少しでもスペースがあれば、それは商品を並べる店舗スペースにするべきなので、従業員が使うスペースは極限まで削られているのです。

そんなコンビニで働く店員さんは、シフトの時間よりも早くお店に到着しても、ゆっくりとくつろぐスペースもないため、勤務時間の直前にお店にやってきます。

そして、さっと制服に着替えて、即店頭に立つのです。

コンビニ店員という仕事は、店頭に立った瞬間に仕事が押し寄せてきます。

レジに立ち、お会計をする仕事は楽な方で、商品の品出しから清掃まで、分刻みでやることが決まっています。

それが少しでも遅れてしまうと、後から来るスタッフに迷惑がかかるからです。

コンビニに口説きたい相手いる場合、まずは、その店員さんがめちゃくちゃ忙しい状況であるということを理解しておいてください。

それさえ理解すれば、間違ったアプローチをすることなく、なにが喜ばれるのかが見えてくるはずです。

お客さんを意外と覚えている

コンビニには、毎日1,000人弱のお客さんが来店すると言われています。

しかし、意外なことに、店員さんはお客さんのことをよく思えています。

毎日決まった時間に来店せず、バラバラの時間帯だったとしても、同じ人が来店すると、不思議と覚えているものなのです。

つまり、店員さんに覚えてもらうために、わざわざ何度も通う必要などないのです。

いつ辞めてもおかしくない

コンビニ店員との別れは突然訪れます。

もちろん、社員並みに長期で働いている店員さんも存在しますが、特に学生のアルバイトの場合、今日見かけた店員さんが来週も働いている保証はありません。

せっかく一目惚れして好きになった人がいたとしても、口説くチャンスを逃したら、もう二度と会えないことだって普通に起こり得るのです。

二度と会えなくなって後悔するくらいなら、玉砕覚悟で口説くべきです。

それくらい、コンビニは人の入れ替わりが激しい仕事なのです。

話しかける前の心構え

何度も通う必要なし

お目当ての店員さんを口説く前に、知っておいて欲しいことがあります。

それは、顔を覚えてもらうために、わざわざ何度も通う必要はないということです。

繰り返しになりますが、コンビニで働く店員さんは、意外とお客さんの顔を覚えています。

しかも、コンビニの店員さんは出入りが激しく、お目当ての店員さんがこれからもずっと勤務しているとは限りません。

もちろん、初対面で口説くのは難易度が高いので、顔を覚えてもらう方が口説きやすいのは確かです。

しかし、それでもせいぜい2、3回で十分。

無駄に時間をかけるよりも、関係性を前に進める方がよっぽど効果的なのです。

不信感を払しょくすべし

コンビニ店員を口説いて、連絡先を交換するためには、まずは不信感を払しょくすることが大切です。

店員さんにとって、お客さんはお客さんでしかなく、仕事上必要な会話以外は、普通は交わすことがないからです。

挨拶すらしたことがない相手と、デートの約束などできる訳がありません。

まずは、目を見て、笑顔で挨拶をする。

そんな当たり前の行動によって、あなたはその他大勢のお客さんの中の一人ではなく、特別な一人になっていくのです。

営業トークを勘違いするべからず

コンビニ店員を口説く場合、一つだけ注意して欲しいことがあります。

それは、営業トークに勘違いしてはいけないということです。

勤務時間中の店員さんにとって、お客さんはあくまでもお客さんであるため、どんなに嫌な相手であっても、笑顔で対応しなければなりません。

そうしなければ、クレームになりかねないからです。

こちらが話しかけて、笑顔で快く対応してくれたからと言って、それを相手が好意を持っていると勘違いするのは禁物です。

そのような表面的な部分ではなく、内面的な反応を見て、脈ありなのか、脈なしなのかを判断すべきなのです。

相手は仕事中であるということを理解しておいてください。

口説きやすいタイミング

不自然なタイミグは避けるべし

コンビニに好みの店員さんを見つけたからといって、いきなりその人の前に行ってデートに誘うのは避けるべきです。

そんなことをしたら、「怖い」「キモい」と思われ、少なくともその恋が成功することはありません。

その理由は、あなたと会話をする「理由」がないため、話しかけること自体が不自然に見えるからなのです。

店員さんとお客という、仕事上のやりとり以外で、プライベートな会話をするためにはそれなりのきっかけが必要です。

逆に言えば、きっかけさえ作ってしまえば、会話をする必然性が生まれ、自然に話を始められるのです。

一人の時を狙う

コンビニで店員さんを口説く場合、その店員さんがレジに一人になるタイミングを狙うべきです。

その理由は、もしも隣のレジに別の店員さんが立っている場合、仕事に関係のないプライベートな会話をしていると、その会話を聞かれて注意を受ける心配が出てくるからです。

たとえ口説いている店員さんが、それを喜んでくれていて、デートもOKだったとします。

それでも、隣に他の店員さんがいる状況で、堂々とお客さんと連絡先を交換するのは気が引けるものなのです。

自ら、チャンスを減らすようなことはすべきではありません。

多少時間はかかっても、一人になるタイミングを待つべきなのです。

その方が成功率が何倍も上がるのですから。

お弁当を温めてもらう

コンビニの店員さんを口説く場合、自然で、かつ口説きやすいベストなタイミングは、ずばり、お弁当を温めてもらっている待ち時間です。

お弁当を温めている間は、30秒から1分の待ち時間ができます。

そのタイミングに話しかけることで、会話をすることに対する不自然さが消え、一言、二言の会話を交わすことができます。

たった1分弱の時間ですが、これだけあれば十分なのです。

他に特別なことをする必要などありません。

ちなみに、店員さんを口説くためにお弁当を温めてもらう場合、ラーメンやうどんなど、汁物の麺類は温め時間が比較的長いので、おすすめです。

これをやったらNGの悪い例

いきなり連絡先を渡すのはNG

初対面の相手や、まだ一言も交わしたことのない相手に、いきなり連絡先を手渡すのは避けるべきです。

相手からしたら、驚きを通り越して、「怖い」と受け取られかねません。

連絡を渡すのは、少なくとも会話をして、存在を知ってもらってからにすべきです。

変なギャグを言うのはNG

その場を盛り上げようと思って、変なギャグを言うのもNGです。

例えば、冷たいざるそばをレジに持っていき、「温めてください」と言ったり、うまい棒などのお菓子を大量に買うなど、まるで子供のいたずらのような行為は、はっきり言って逆効果です。

少なくとも、相手に対応を困らせてしまう行為であり、口説く時には避けるべき行為なのです。

店の外で待ち伏せするのはNG

コンビニの店員さんに連絡先を渡すために、店の外で待ち伏せするという行為も厳禁です。

ここまでくると、むしろ驚きを通り越して、「怖い」という域に達します。

場合によっては、店長を呼ばれかねません。

名前の読み方を聞くのはNG

コンビニの店員さんは、普通、名札をつけており、その名札を見れば、これから口説こうとしている相手の名前を事前に知ることができます。

しかし、だからと言って、「名前なんて読むんですか?」というような質問をしてはいけません。

そもそも、いきなり人に名前を教える理由がなく、その質問自体が不自然だからです。

仕事を増やすのはNG

狙っている店員さんとの会話のネタを作るために、その店員さんに仕事をお願いするのもNGです。

コピー機の使い方を尋ねたり、商品を探してもらったり、道を聞くなど、余計な仕事を増やしてはいけません。

少なくとも、そのような会話から、口説く方向へ転換するのはやはり不自然で、遠回りです。

口説き文句のアイデア

髪型を褒める

コンビニの店員さんを口説く場合、相手の情報がほとんどない場合が多く、事前に共通点を見つけるのも困難です。

そんな相手に対して、自然に会話を始めるネタとして有効なのが、髪型を褒めるという作戦です。

相手がどんな髪型でもかまいません。

初対面であっても、何度か顔を合わせている相手であっても、「髪型いいですね」と、さらっと声をかけるだけでOKです。

きっと、「ありがとうございます」と当たり前の返答が返ってきて、その時はそれ以上の会話には発展しないはずです。

それでいいんです。

ファーストコンタクトでは、それ以上に会話をする必要はありません。

声を褒める

髪型と同じくらいおすすめなのが、声を褒めるという会話の始め方です。

実際に、声優のように声が可愛い店員さんもいますが、ごく普通の声だったとしても、褒めるポイントとして有効です。

この場合も、普通に「声素敵ですね」と、さらっと声をかけるだけでOKです。

繰り返しになりますが、ファーストコンタクトでは、それ以上に会話をする必要はありません。

体調を気遣う

もしも、店員さんがマスクを着用している場合、「風邪ですか?」と体調を気遣う一言も有効です。

もちろん、風邪である確率が低いことは承知の上ですが、「風邪ですか?」「いいえ、花粉症なので…」というような、プライベートな会話を挟むだけでも十分に深い印象を残すことができるのです。

これは、店員さんにとってはとても大きな印象です。

これだけ大きな印象を残すことができれば、連絡先を交換するために、次回再び顔を合わせるための準備が既に整ったと言っても過言ではありません。

ファーストコンタクトは、たった一言のやりとりを交わすだけで、十分なのです。

相手に応じて使い分けたい口説き文句

相手が女子大生の場合

口説きたい店員さんが女子大生っぽい雰囲気の場合、「大学生ですか?」「彼氏いますか?」という2つのフレーズが鉄板です。

そもそも、女子大生は出会いを求めています。

大学生は大学に出会いがあるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

大学の中では、しがらみができるのが嫌で、男子も女子も恋人を作らないのが普通なのです。

しかも、女子大生は、同級生よりも年上に憧れる年代です。

同い年の男子と付き合うよりも、コンビニの店長の方に憧れる世代なのです。

年齢が離れていても、チャレンジする価値があり、しかも、成功率が高いのがコンビニの女子大生の特徴です。

相手がフリーターの場合

相手が20代、30代のフリーター風の場合、話しかけるネタに困るところです。

なぜならば、その店員さんは、コンビニでの収入をメインにして生活している人なのか、他の仕事の合間に稼いでいるのか、様々なケースが考えられるからです。

そんな、未知数とも言えるフリーター風の店員さんに対しては、「めっちゃ働いてますね」という感じに一言ふってみて、とりあえず、「あなたを意識しています」ということを暗に示す程度に留めてみるべきでしょう。

もしも可能であれば、もう一言二言やりとりができればベストですが、「めっちゃ働いてますね」「あ、はい」という程度の会話でも、十分に相手の記憶に残ります。

これだけの印象でも、連絡先を交換するための準備としては、十分です。

相手が主婦の場合

口説きたいと思ったコンビニの店員さんが、主婦であるというケースも考えられます。

ずばり、左手の薬指に結婚指輪をはめているなら間違いないですし、指輪をしていなかったとしても、見た目の印象で主婦っぽい店員さんはよく見かけます。

そんな主婦の店員さんにも、フリーターの時と同じく、「めっちゃ働いてますね」という程度の言葉が適しています。

また、「ちなみに、ご結婚されてますか?」と聞いてみて、「はい」と帰ってきたら、あきらめるべきです。

逆に、年齢を重ねられた女性でも、独身の方は山ほどいますし、バツイチの女性が彼氏を募集しているというパターンもあり得ないことではないのです。

もちろん、相手が既婚女性の場合、本気の恋は厳禁です。

連絡先の渡し方

事前にメモを用意しない

口説きたい店員さんに印象を残すことができたら、その印象を忘れないうちに、ストレートに連絡先を渡すのがスマートです。

但し、連絡先を渡すことを心に決めて、そのコンビニを再訪するからと言って、事前に連絡先をメモして持参するのはNGです。

なぜなら、その行動が重いからです。

コンビニの店員さんに連絡先を渡したい場合、ベストな方法は、その場でボールペンを借りて連絡先を書くという方法です。

店員さんは大抵ボールペンを持っていますし、レジ周りには必ず置いてあります。

そして、連絡先を書く紙も、宅急便の伝票や買い物をしたレシートなど、適当なものでよいのです。

この気軽な感じが、重さを消す役割を果たします。

お弁当を温めてもらっている間にペンを借り、LINEのIDをさっとメモして渡してください。

それだけで必要十分に、あなたの伝えたい意図は伝わります。

口説くことを主目的にしない

連絡先を手渡す際に、ただ「よかったら連絡ください」と言うよりも、気の利く一言を添えたいものです。

「連絡ください」だけでは、連絡をする理由がまだ存在しないからです。

そこで、どんなタイプの相手にも共通するのが、美味しい食事を連想させること、そして、一度限りでいいからというニュアンスを伝えることです。

具体的な例文としては、「この近くにめちゃくちゃ美味しいお店があるので、一度だけでいいので、ご馳走させてください」。

これだけでOKです。

最後の、「ご馳走させてください」が意外と効きます。

逃げ道を用意してあげる

連絡先を手渡す時は、相手の店員さんに、断る逃げ道を作ってあげるのが優しい口説き方です。

間違っても、NOと言えないようなプレッシャーを与えてはいけません。

そんなことをしたら、それはカスハラになってしまうのです。

口説きつつも相手に逃げ密を作ってあげるためには、連絡先を手渡しながら、「迷惑だったら捨ててください」と一言添えるだけでOKです。

たったこの一言で、勤務時間中にプライベートな会話をしている罪悪感や、断ることへの抵抗が消え、純粋に自分の本心で連絡するか否かを判断してくれるようになるのです。

こんな一言こそ、明るく笑顔で言うのが好印象を残すポイントです。

まとめ

辞めてしまう前に

コンビニの店員さんに本気で恋をしてしまったのなら、行動するのは、今です。

繰り返しになりますが、コンビニでアルバイトをしている店員さんは、いつ辞めてもおかしくありません。

今日見かけた人が、次回もいる保証などないのです。

断られてもデメリットはない

はっきり言って、コンビニの店員さんを口説いて、もしも断られたとしても、デメリットはありません。

なにか不利益はありますか?

まったくないですよね。

繰り返しになりますが、コンビニの店員さんは数ヶ月単位でどんどん辞めていくものですし、もしまた会ったとしても、ちょっと恥ずかしい位で相手は気にもしていません。

つまり、デメリットなどなく、口説かない理由は存在しないのです。

コンビニは最高の出会いの場

コンビニは、最高の出会いの場です。

節操のないナンパなんかよりも、よっぽど準備がしやすく、口説く条件もそろっているのです。

逆に言えば、口説きたい相手がいるのに、口説かない理由がありません。

一歩踏み出した人だけが成功し、声をかける勇気のない人は、世間話すらできずにモヤモヤと悩んでいるのです。

この記事の最初でもしっかり示したように、コンビニは、ナンパスポットではありません。

コンビニという公共の場で、誰彼構わずナンパすべきではないのです。

しかし、この記事を読んでくれているあなたは、本気の恋をしてしまったのですよね。

場所がどこであれ、本気の恋は突然訪れるものです。

もしもあなたの恋が本物なら、口説くという行為はナンパではないのです。

口説くという行為を、難しく考える必要はありません。

ただの挨拶であり、ただの会話です。

コンビニの店員さんにとって、つまらない仕事を和ませてくれる一言は、むしろ嬉しい会話なのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA